アルツハイマー予防サプリ 飲み方 副作用

アルツハイマー予防サプリの効果的な飲み方と副作用について

アルツハイマー予防サプリ 画像

世の中は高齢化社会となり、介護問題や認知症が
増えたため、いろいろな対策が考えられています。

 

中でも、簡単に始めることが出来るアルツハイマー
予防対策として効果があると言われているサプリが
たくさん作られています。

 

こちらでは、アルツハイマー予防サプリをもっと
効果的に飲む方法と心配な副作用や危険性に
ついてご説明します。

 

 

アルツハイマー予防サプリの効果的な飲み方

 

目安量

摂取量は、商品ごとに書いてある量を守って飲みましょう
いっぺんにたくさん飲んだとしても効果がアップすることはなく、
毎日目安量を守って続けることが大事です。

 

厚労省はEPAやDHAを1日1000r摂取するように勧めていますが、
毎日の食事の内容と照らし合わせて、魚を食べた日は少量、
食べていない日は少し多めに、というように飲む量を
コントロールする商品も売られています。

 

 

飲むタイミングや時間

医薬品ではありませんので、用法や用量がしっかり決まっては
いません。

 

タイミングも自由なのですが、たいてい体への吸収率が高まる
食後に水またはぬるま湯などで噛むことなく飲みましょう

 

 

最低3ヵ月ほど続ける

体にゆっくりと作用するサプリメントの特徴上、すぐに効きませんので
ある程度続けて飲んでいかないと効果の有無はわからないことが
多いです。

 

アルツハイマーを予防するものですので、迅速に実感は出来ませんが、
アルツハイマー予防に効果があると言われている成分を続けて
飲むことがとても大切なことです。

 

体に合わなかった場合を除いては、少なくても2〜3ヵ月
続けて飲みましょう。

 

 

アルツハイマー予防サプリの副作用

 

ここで紹介しているサプリはもちろん、アルツハイマー予防サプリの多くは
本来人間の体にある成分や食品に入っている成分などを入れているものが
ほとんどですので、基本的に安全なものが多いです。

 

危険性や副作用はないと言えますが、
以下のことには気を付けましょう。

 

他のサプリや医薬品との併用

他のサプリや医薬品に影響を及ぼしたり、副作用は起こさないと
言われてはいますが、飲み合わせが不安な時や、病院で治療している方は
主治医に相談の上飲み始めましょう。

 

アレルギーを持っている方は原材料確認

アルツハイマー予防サプリには大豆や魚介類を原料としている
成分がたくさんあります。それらの原材料やカプセルに使っている
ゼラチンなどにアレルギーを持っている方は飲まないようにしましょう。

 

過剰摂取はしない

どのサプリにも言えますが、サプリは必要な有効成分を簡単に
しっかり摂取出来るように凝縮されていますので、過剰に摂ると
栄養が偏ってしまうことがあります。目安量を厳守して摂取しましょう。

 

子供や妊婦さん・授乳中の方の摂取

アルツハイマー予防サプリには、思考力や学習能力をアップする作用が
ありますので、子供や若い方を摂取対象にしているものもあります。
しかし、小さな子供や妊娠中の方の摂取は避けるよう書いてあるものも
ありますので、商品をきちんと確認しましょう。