アルツハイマー予防サプリ 成分

アルツハイマー予防サプリに入っている有効成分紹介!

アルツハイマー予防サプリの有効成分

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

EPA&DHA

 

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、
不飽和脂肪酸で青魚にたくさん入っており、神経細胞機能や脳を
高める作用があることが有名です。

 

EPAはサラサラ血液にして脳血管障害を防ぐ効果もあり、
生活習慣病予防にも効き目があるとされています。

 

DHAは「脳の栄養素」と言われており、脳内に入ると神経細胞を活発にし
判断力や記憶力、学習能力を上げることが知られています。

 

アルツハイマー型認知症に効くということも認められています。

 

EPAとDHAは同時に摂ることで相乗効果があります。

 

 

高純度プラズマローゲン

 

人間はもちろん、いろいろな生態の中にあるリン脂質の一種
最近では認知症を防ぐ効果があるということが分かった成分です。

 

脳の酸化を予防して不要物をきちんと外に出すことで
脳の疲労を抑制して若々しい健やかな状態にコントロールする役割があり、
健康な脳にするのに役に立ちます。

 

ストレスや老化などが原因で減ってしまうので、
サプリなどで補うのが大事だと言われています。

 

 

アスタキサンチン

 

赤色色素を持っており、高いアンチエイジング効果があり、
健康や美容の面で大注目されている成分です。

 

栄養が到着するのが難しい細かいところまで入り込めますので、
脳内に入って脳神経系にも働きかけることが出来ます。

 

脳の中の活性酸素を取り除いて若々しくキープするので、
認知症予防に良いのです。

 

それから、アルツハイマー予防へ直に効くだけでなく、アスタキサンチンは
抗酸化作用が優れていますので、EPAやDHAの変質を予防してくれますので
たくさんのサプリに入っています。

 

 

ナットウキナーゼ

 

納豆のネバネバ成分に入っている酵素の一種です。

 

血栓を溶かし、血管の詰まりを予防するので、
脳梗塞などを防ぐために大きく作用します。

 

生活習慣病全体を防ぐのにも効果的ですが、
高血圧を防いだり、コレステロール値を下げる作用があるからです。

 

そして、アルツハイマー型認知症の原因とされるアミロイドの
分解効果がある
ことも判明し、さらに認知症を防ぐ効果があると
期待されています。

 

 

ホスファチジルセリン

 

リン脂質の一種で主に大豆に入っている成分です。

 

脳の神経細胞膜を構成しているリン脂質の中でも
およそ10%を占めている大事な成分です。

 

脳細胞を活発にして、老化による衰えてしまった神経細胞を助け、
思考能力や記憶力の低下を抑制するとされています。

 

いつもの食事からは必要な量が摂れませんので
サプリなどで補うのがぴったりです。

 

 

フェルラ酸

 

最近大注目されている成分で、脳機能を良くしたり、
アルツハイマーの症状を和らげるのに効き目があります。

 

植物に入っているポリフェノールの一つで抗酸化力に優れており、
ダメージを受けた脳神経細胞をリペアし、ガードする作用を
持っています。

 

学習記憶が上がる効果も期待出来ます。

 

 

イチョウ葉エキス

 

血流改善作用と血管拡張作用があり、体全体の健康、
認知症予防や脳梗塞にも効き目がある成分です。

 

アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドが溜まるのを
抑制する働きや、脳内の血管障害を防ぐことで脳血管性認知症を
予防する作用があると言われています。