物忘れ防止 食べ物

物忘れ防止に効果がある食べ物や食べ方のポイントについて

アルツハイマー予防に効果がある食べ物

 

青魚

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

EPAや不飽和脂肪酸DHAがたっぷり入っている鯖や鰯、鰤、鯵、
鰹、鮪、秋刀魚などはアルツハイマー予防に良い食材として
一番注目されています。

 

厚労省はEPAやDHAの摂取をすすめておりますが、
日本人の18歳以上のすべての世代で摂取量が足りてないことが
よく知られています。

 

一週間に2,3回は魚を食べるようにし、そしてEPAやDHAが入った
サプリを用いて意識して摂るようにしましょう。

 

 

野菜

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

アンチエイジングはアルツハイマーを防ぐのに大事です。

 

体の錆びつきや老化は酸化が原因となりますので、
抗酸化作用がある緑黄色野菜などをたくさん摂取することは
若々しい体と脳を作る上でとても重要です。

 

そして、足りなくなると知能の低下が起き、
「造血ビタミン」と言われている葉酸も野菜から摂れます。

 

 

大豆、納豆

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

中性脂肪や血中コレステロールを下げて生活習慣病を防ぐ
レシチンや、アルツハイマー予防に効き目があるということがわかった
ホスファチジルセリンなどが入っています。

 

納豆には血栓を溶かしてサラサラ効果があるナットウキナーゼ
入っているので、脳梗塞や脳血栓の危険を減少します。

 

 

しいたけ(きのこ類)

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

きのこはコレステロール値を下げる作用や血圧低下効果を持ち、
生活習慣病から発症するアルツハイマー予防に効き目があります。

 

 

フルーツ

アルツハイマー予防サプリ 画像

 

フレッシュなフルーツは抗酸化作用が優れており、
アルツハイマーの危険を減少するということが知られています。

 

バナナ、りんご、オレンジ、ベリー系、ザクロ
特におすすめです。

 

 

食事の摂取法や食べ方ポイント

 

上で述べたようなアルツハイマー予防に効き目がある食材を
すすんで食事内容に使うことはとても大事ですが、
摂取方法や食事の際に注意したい点が何点かあります。

 

よく噛んで食べる

 

健康キープのために大事だからと幼少期から誰でも言われますが、
アルツハイマー予防にも大事なポイントとなっています。

 

しっかり噛むと脳の血流量が高くなり、記憶力が良くなるという
効き目があることが知られています。

 

高齢者にその傾向が大きく現れることが実験の結果でわかり、
アルツハイマー予防に効き目があると言われています。

 

 

腹6〜8分目にする

 

食べ過ぎてしまうと脳の作用を下げることや空腹が脳を活性化する
ということが知られています。

 

食事ごとに満腹にならないように抑えて、
間食を少なくして、空腹時間を作ることが大事です。

 

 

野菜から食べる

 

生活習慣病に繋がってしまう肥満や血糖値の上昇を防ぐには
たんぱく質や炭水化物から食べるのではなく、
野菜から食べることが重要とされています。

 

 

バランスの良い食事にする

 

アルツハイマー予防に効き目がある食材を用いることは大事ですが、
それだけを食べるのは逆効果です。

 

偏食にならないように、脳に大事な栄養をバランス良く用いるよう、
以下の言葉を忘れずに、うまく組み合わせてバラス良く食事を
摂りましょう。

 

「マゴタチワヤサシイ」
マ⇒豆類、大豆由来製品
ゴ⇒ごま
タ⇒卵
チ⇒乳製品
ワ⇒ワカメ、海藻類
ヤ⇒野菜、緑黄色野菜を特に
サ⇒魚、青魚を特に
シ⇒しいたけ、きのこ類
イ⇒イモ類