アルツハイマー 症状

種類ごとに説明!認知症やアルツハイマーの原因と症状とは?

アルツハイマー予防サプリ 画像

以前は、「痴呆症」と言われていた認知症には
種類がいろいろあり、種類によって原因や症状も
違うということが判明しています。

 

歳を取ることで脳細胞が死滅してしまったり、
作用が衰え、判断力や記憶力、思考力が
下がってしまうと言われています。

 

こちらでは、発症数が多いと言われている認知症や
アルツハイマーの原因や症状について、種類ごとに
説明いたします。

 

 

認知症の種類【原因・症状】

 

アルツハイマー型認知症

 

【原因】

一番有名な認知症がアルツハイマー型です。
全体のおよそ60%を占めているそうです。

 

原因は、脳にたんぱく質のアミロイドベータが蓄積し、
神経細胞が壊されることで脳の萎縮が起きて症状が出る、
と言われていますが、アミロイドベータが蓄積する基本的な
原因は判明していません。

 

老化や遺伝が関わっている認知症ですが、その他にも
高血圧といった生活習慣病も関係しているということが
昨今の研究でわかってきました。

 

【症状】

物忘れとは異なり、初期症状は、「忘れていることを忘れている」
というのが特徴となっています。

 

名前や食べたものを思い出せないというわけではなく、
食事したこと自体を忘れるというような症状が出て来ます。

 

それからは、時間の感覚がわからなくなったり、
被害妄想するようになったり、言語も失われることが多く、
意思の疎通が難しくなってきます。

 

身体機能も衰えますので、歩行が難しくなり、
寝たきりになってしまうこともあります。

 

 

脳血管性認知症

 

【原因】

認知症のおよそ10〜20%を占めており、脳血管障害の脳出血や
脳梗塞が起きた後に認知機能が低くなってしまうことです。

 

原因の血管障害が起こる主な原因として、糖尿病や高血圧、
高脂血症といった生活習慣病があります。

 

脳血管性認知症を防ぐには、生活習慣病の予防が
一番大事になってきます。
脳血管障害を早期発見して、早期に治療をすれば、
認知症の進行を抑制できると言われています。

 

【症状】

初期症状として、注意力や意欲がなくなり、
うつ状態に見えることがあります。

 

脳血管障害によってダメージを受けた場所によって
症状も様々で、出来ることと出来ないことがしっかり
区別されていたり、「まだらぼけ」という状態になることもあります。

 

 

レビー小体型認知症

 

【原因】

脳血管性認知症と同様に多い認知症です。

 

アルツハイマー型と同じようにたんぱく質のレビー小体
脳に溜まることで脳の萎縮が起こるものだと言われています。
レビー小体が蓄積する原因はわかっていません。

 

レビー小体はパーキンソン病の原因にもなってしまうので、
一緒に発症することもある嫌な存在です。

 

【症状】

記憶力が下がったことはあまり目立つことはなく、
幻聴や幻視が現れることがよくあるようです。

 

自律神経の低下や身体的機能が下がることが多々あり、
動きが遅くなったり、歩行に違和感が出てしまうことがあります。

 

特徴として症状にムラが多く、気分や記憶などもすぐに変化し、
トラブルを起こすことが多々あります。

 

 

その他の認知症

 

クロイツフェルドヤコブ病

たんぱく質のプリオンに脳が感染することで海綿上に
変わってしまうものです。とても進行が早く、うつ状態や不安、
異常行動、運動失調などがあるため、発症して1年以内に
亡くなることもあるのです。

 

 

前頭側頭型認知症

脳の神経細胞にピック球が溜まるタイプとたんぱく質のTDP-43が溜まる
タイプが今のところわかっています。溜まる原因はわかりません。
進行はゆっくりで、物の言葉の意味がわからなくなったり、
思考や性格が大きく変化し、異常行動を起こします。

 

 

皮質基底核変性症

比較的若い年齢で起こりやすく、早い人で40代で発症します。
グリア細胞や神経細胞の変化が見られて、頭頂葉と前頭葉に
強い萎縮が見られます。身体機能が下がってしまうことが多く、
上手に体を動かせなくなったり、付随運動が起きてしまいます。