アルツハイマー 予防

アルツハイマーを予防する方法とは?

アルツハイマーについて

 

「アルツハイマー」という病気を知っていますか?
アルツハイマーになじみがある方はあまりいないと
思いますが、今増えつつある病気として知られてきています。

 

アルツハイマーとは

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーとはいったいどのような病気なのでしょうか。
64歳以下の比較的若い世代に起こる認知症のことです。
高齢者の病気のイメージがありますが、若い世代の認知症のことを
アルツハイマーと呼びます。

 

若いというと10代や20代かなと思うかもしれませんが、
アルツハイマーは64歳以下の幅広い年代に起こる病気です。

 

アルツハイマーの患者数

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーと診断されている患者数は現在
推定で2万から3万といわれています。

 

しかし、この数は病院で診断されている患者数ですから
まだ病院にかかっていない方も含めると2倍、3倍以上の
アルツハイマー患者がいるといってもいいでしょう。

 

また、アルツハイマーは女性よりも男性がかかりやすい
病気とも言われています。

 

アルツハイマーが恐ろしい理由とは?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは働き盛りの年代にかかります。
一家の大黒柱である男性がかかったら特に大変だと
言われていますね。

 

アルツハイマーの介護はとても大変です。

 

若い方なので体が元気で、徘徊した場合や移動などで
介護する側が大変なのです。
家族にも迷惑をかけてしまう可能性があるので予防は
しっかりと行いたいですね。

 

では、アルツハイマーはどのように予防していけばいいのでしょう。
どんなことに気を付ければアルツハイマーのリスクを減らせるのか
まとめてみたので、いつまでも元気に家族に迷惑をかけずに
暮らしていきたい方の役に立ててください。

 

アルツハイマーの予防方法とは?

 

アルツハイマーについて

 

生活習慣を改善する

 

どんな病気の予防においても生活習慣の改善は
とても重要なことです。
生活習慣と健康状態は密接に関係していて、普段から夜更かしを
したり不摂生をしないようにしましょう。

 

栄養バランスのいい食事をとり、飲酒や喫煙を控えるべきです。

 

また、遺伝性のアルツハイマーも規則正しい生活習慣を
続けていればリスクを減らすことができ、予防効果に期待できます。

 

コミュニケーションを大事に

 

アルツハイマーは脳の病気なので、脳を使い鍛えることで
予防することができます。

 

現代はパソコンやスマートフォンなど電子機器が発達し、
人と話すことが減っています。
人と話すコミュニケーションはアルツハイマーの予防に
有効なので、コミュニケーションをあまりとらない方は要注意。

 

会話によるコミュニケーションはアルツハイマーの予防に効果的と
すでに分かっているので、家族や友達とのコミュニケーションを
とれるように意識していきましょう。

 

 

また、アルツハイマーの予防は継続して行っていくことが
大切なので、毎日続けられない方はアルツハイマー予防に
効果的なサプリメントや医薬品を用いるといいでしょう。

 

医薬品やサプリメントは体に合う・合わないがあるので
飲んでみて体に合わなかった場合は他のものに変えてください。