アルツハイマー 運動

アルツハイマー予防に効果的なのは運動?

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーという病気は若い方に発症する
病気ということはよく知られていますが、具体的に
どんなものかはあまり知られていませんよね。

 

若い人がかかる認知症の総称がアルツハイマーで、
近年増えているのが注目されています。

 

アルツハイマーはどんな初期症状があり、どのような
治療、予防方法があるのでしょうか?

知っている方はあまりいないと思いますし、そもそも
自分には関係がないと思っている方も多いと思います。

 

しかし、油断はできないものなので予防方法があるなら
積極的に行っていきましょう。

 

アルツハイマーは現在患者数が増えている

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは近年、日本で患者数がかなり増えています。
乱れた生活習慣やストレスの多い日本人はアルツハイマーに
かかりやすいのです。

 

アルツハイマーは働き盛りの若い男性に発症しやすい
病気で、現在日本にはアルツハイマー患者は2万から3万人います。

 

しかし、まだ病院に行っていなかったりアルツハイマーと
診断されていない人も含めればこの3倍はいると言われています。

 

アルツハイマーは家族がなると経済的に問題が出るだけでなく、
介護が大変という問題もあります。
アルツハイマーにかかっても体は元気なので、高齢者の
介護よりも体力が必要で難しいのです。

 

恐ろしい病気のアルツハイマーですが、予防が可能なので
早いうちから予防対策をしていきましょう。

では、どのような予防方法があるのでしょうか?

 

アルツハイマーと生活習慣の関係

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは生活習慣と深く関係していることがわかっています。
その中でも「運動習慣」の点について絞り調べてみました。
どんな運動習慣をすればアルツハイマーを予防していくことができるのでしょう。

 

どんな運動がアルツハイマー予防に効果的なのか?
という点も調べたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アルツハイマー予防に運動はおすすめ

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーはアルコール性認知症、脳血管性認知症など
さまざまな種類があります。
脳血管性認知症は脳梗塞、脳出血など脳血管の病気が
もとになって起こるアルツハイマーです。

 

定期的に運動をすることで生活習慣を整えるのは
アルツハイマーの予防に効果的と言えるでしょう。

 

どれくらい運動すればいい?

 

アルツハイマー予防の効果を得るには、30分以上の運動を
週3回以上が推奨されています。

 

どんな運動をすればいい?

 

アルツハイマー予防に効果的な運動には有酸素運動がおすすめです。
酸素を使う行う運動のことで、激しい運動ではなく継続し
筋肉を動かすタイプの運動です。

 

水泳、ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、ヨガは
有酸素運動
です。
血流を促す効果があるので、脳機能が向上しアルツハイマーの
予防に効果を発揮します。

 

また、運動はストレスの解消にも効果があります。
ストレスはアルツハイマーはもちろん、ほかの病気のもとにも
なるので適度に運動を取り入れることはおすすめです。

 

普段運動していない方が急に運動を始めると体を傷める可能性が
あるので、始めは軽いストレッチから始め徐々に体を慣らしてください。