アルツハイマー 生活習慣

アルツハイマー予防にはまず生活習慣の改善をしよう

アルツハイマーについて

 

「アルツハイマー」という病気についてどんなことを
あなたは知っていますか?
現代社会にはストレスを多く感じている人や生活習慣の
乱れた人が多く、アルツハイマーにかかる患者さんが
増えてきていると言われています。

 

アルツハイマーは高齢者がかかるイメージがありますが、
最近は高齢者だけでなく若い人もかかる可能性のある
病気なんです。

 

特に男性に発症しやすく、比較的若い年代の働き盛りに
かかりやすい病気で恐れられている病気として知られています。

 

では、具体的にアルツハイマーはどんな病気なのでしょう。
そしてアルツハイマーを予防するためにはどんなことが
必要となってくるのでしょうか。

 

アルツハイマーとは

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは比較的若い世代に発症する認知症のひとつで、
18歳から64歳の方に発症するものをアルツハイマーと呼びます。
年々患者数は増えていて、現在分かっているだけでも2万から
3万人がアルツハイマーにかかっています。

 

しかし、なんの病気か分かっていない方や病院に行っていない
人を含めればアルツハイマー患者数はこの2〜3倍は
多くいるといわれています。

 

男女比率では男性の方が多い割合になっています。

 

アルツハイマーの予防はできるのか

 

アルツハイマーについて

 

男性は一家の大黒柱として家庭を支えている場合が多く、
若いうちにアルツハイマーにかかると家族に影響を
及ぼす可能性があります。

 

アルツハイマーを予防し避けることはできないのでしょうか。
私たちができる方法としては、生活習慣の改善が有効だと言われています。

 

いつまでも若々しく、元気に自分らしく過ごして行くためにも
こちらの方法を参考に対策を始めてみてください。

 

アルツハイマーの予防方法

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーにはさまざまなタイプがあります。
認知症はアルツハイマー、アルコール性認知症、
脳血管性認知症などのタイプがあり、生活習慣の改善で
予防効果に期待ができるのは脳血管性認知症、アルコール性認知症です。

 

生活習慣の中で特に重要なポイントになるのは「食習慣」です。

 

日ごろから栄養バランスの良い食事を意識し、脂肪分や塩分、
糖質の摂り過ぎに注意しましょう。

 

脳血管性認知症は脳出血、脳梗塞で細胞や神経に障害を
受けることが原因になっています。
脳梗塞、脳出血の予防はアルツハイマー予防に深いつながりがあると
言えるでしょう。

 

アルコール性認知症はアルコールを長期間にわたり大量摂取
した場合に起こりうる病気ですから、お酒はほどほどに
しておくべきです。まったく飲まないのもストレスを感じる人は
多いと思うので、飲みすぎず少し嗜む程度なら構いません。

 

食生活の改善は急には難しいかもしれません。
急には難しい場合は、摂取のし過ぎにだけ気を付けて栄養豊富な
サプリメントやアルツハイマー予防に効果的なサプリメントや
医薬品
を活用してください。

 

ただし、サプリメントや医薬品は人によって副作用を起こす
可能性があるので飲んでみて万が一異常や違和感などを感じる
場合は使用を中止してください。