アルツハイマー 原因

アルツハイマーの原因を知り予防対策をしよう

アルツハイマーについて

 

「アルツハイマー」という病気を知っていますか?
馴染みのある病気といえばそうではないですが、最近徐々に
増えつつある病気のひとつなんです。

 

現在、推定でアルツハイマーの患者さんは2万人から3万人
といわれています。

 

しかし、この人数は病院で「アルツハイマー」と診断された
患者さんの数ですから、実際にはこれよりも多くの人が
アルツハイマーにかかっている可能性があります。

 

アルツハイマーとは?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーはいったいどのような病気なのでしょうか。
アルツハイマーは18歳から64歳に発症する認知症の若い年代で
起こる可能性がある病気です。

 

若い年代で起こる認知症のひとつで、60代でもアルツハイマーに
なるので10代や20代の本当に若い人だけがなる病気ではありません。

 

認知症は現代では高齢者がなるだけの病気ではなくなっています。
若い世代でも注意しなければならない病気であると
意識していかなければいけません。

 

アルツハイマーを予防することはできるのか

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーの診断は専門家でも難しく、症状の進行は
とても遅く徐々に悪化していくので発見しにくく気付いた頃には
症状が進んでしまっているケースが多いです。

 

アルツハイマーにかかると介護や経済的な問題も出てきますし、
若い方が介護が必要になると徘徊した場合、力があるので
対処が大変になります。

 

働き盛りにかかるのもとても困る病気で家族にも迷惑を
かけてしまうので、予防できるのなら予防を早くからしていきたいですね。

 

そもそもアルツハイマーは予防することができる病気なのでしょうか。
まずは予防するには原因を知るところから始めましょう。

 

アルツハイマーの原因とは?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーの原因として考えられるのはひとつだけではありません。
さまざまな原因がありますが、一般的に知られていて割合も
多い原因を2つ紹介します。

 

遺伝によるもの

 

遺伝によるものははっきりと証明されていませんが、親族で
アルツハイマーにかかった方がいる場合は注意が必要です。
家系的にアルツハイマーになりやすい家系は存在すると
いわれていますから、家族や親族にアルツハイマーの方が
いたりいる場合には予防に力を入れて行きたいものです。

 

頭部に衝撃を受けたことがある

 

強い衝撃を頭部にうけると後遺症としてアルツハイマーに
かかる可能性があります。
頭部外傷をうけたことがある場合は注意が必要でしょう。

 

交通事故、転んで頭を打った後にはそのままにせず
かならず病院へ行ってください。
「これぐらい大丈夫」と思うのは危険です。

 

そして、頭を打ったことがある場合はその後の経過や変化に
十分に注意をしてください。

 

また、これらの原因以外にも脳腫瘍の後遺症などが
アルツハイマーの原因として考えられます。

 

アルツハイマーは初期段階では「うつ病」と間違えられ
やすいので、もしうつ病のような症状があれば
注意しておくと早期発見に繋がります。

 

アルツハイマーの原因、症状を知っておくだけでも早期発見に
十分に役立つのでぜひ覚えておいてください。
もし気になる症状があれば病院で相談をしましょう。