アルツハイマー ゲーム

アルツハイマー予防にゲームが効果的!

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーについてあなたが知っていることは
なんですか?
「若い人がかかる病気」と知っている人は多いでしょう。

 

その通り、アルツハイマーは18歳から64歳までの
若い世代に発症する認知症の総称です。

 

アルツハイマーの怖いところとは?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは比較的若い男性に発症しやすい病気です。
働き盛りにアルツハイマーにかかると一家の大黒柱が
働けなくなってしまうので経済的にも家族にも影響があります。

 

そして、体は若いので介護が大変難しい問題もあります。
コミュニケーションをとる、行動を制限するなどの
介護は体力的にもつらく、家族に大変な思いをさせてしまうでしょう。

 

アルツハイマー患者は増加中

 

アルツハイマーについて

 

自分は大丈夫だと思っていませんか?
現在、日本ではアルツハイマー患者が急増しているので
油断はできません。

 

アルツハイマーの診断を受けている人は2万〜3万人で
きちんと診断されていない人やまだ病院に行っていない人を
含めればその2倍〜3倍をいるでしょう。

 

日本人は乱れた生活習慣やストレスによってアルツハイマーに
かかりやすいと言われています。

 

予防することが大切

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは恐ろしい病気ですが、予防することが
できる病気です。
予防ができる病気ですから今から予防対策を始め、アルツハイマーに
かからないようにすることが大切です。

 

では、どのようにすれば予防ができるのでしょう。
生活習慣を整えることやアルコールを控えること、コミュニケーションを
とることは有効とされていますが、意外にもゲームが
アルツハイマー予防に効果があるとわかっています。

 

体に良くない、頭にも悪いというイメージはありますが、
ゲームの種類によってはアルツハイマー予防に非常に効果的なのです。

 

アルツハイマーとゲームの関係性について調べまとめてみたので
こちらをご覧ください。

 

アルツハイマーとゲームの関係性

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーになりにくい生活習慣には「知的行動習慣」
という習慣があります。
知的行動習慣には「ゲームをすること」が含まれます。

 

ゲームはいくつかの動作を同時に行います。
認知症は面倒、無気力などの症状がありますがゲームでいくつかの
動作を同時に行うと脳が刺激されてアルツハイマーの予防に
繋がるのです。

 

また、同時に行うことの多い料理も脳を刺激すると言われています。
ゲームや料理は「同時に行う」という動作がポイントなのです。

 

ゲームにより脳が活性化し、さらに指や体も一緒に
動かすのがアルツハイマーの予防に役立っています。

 

どのようなゲームを選べばいいのかというと、自分の好きな
ゲームで構いません。
定期的に新しいことをしたり、気になるゲームを色々試すという
ことが脳にとっても良いことと言えるでしょう。

 

ゲームは良くないものだというイメージはすでに覆っています。
アルツハイマー予防をゲームで楽しく行っていきましょう!
家庭用のゲームもいいですが、ゲームセンターにあるような
ものでも構いません。

 

気軽に遊ぶなら家庭用ですが、たまには外に出てゲームセンターで
ゲームをしても楽しいかもしれませんね。