アルツハイマー 食べ物

アルツハイマーの予防に効果がある食べ物を毎日食べよう

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーという病気を聞いたことはありますか?
馴染みのある病気とは言えないですし、良く知っている方も
あまりいないのではないでしょうか?

 

しかし、近頃アルツハイマーの患者数は急増していて
効果的な予防が必要な病気として注目されるようになりました。

 

アルツハイマーとはいったいどのような病気なのでしょう。
そもそも予防することはできるのでしょうか?

 

アルツハイマーとは?

 

アルツハイマーについて

 

そもそもアルツハイマーとはいったいどのような病気なのでしょう。
アルツハイマーは若い世代の方がかかる認知症のひとつで、
さまざまなタイプがありますが総称してアルツハイマーといいます。

 

具体的にいうと18歳〜64歳の方に発症した場合
アルツハイマーと呼びます。

 

高齢者の方がかかる病気というイメージがありますが、現代の
ストレス社会や生活習慣の乱れにより、アルツハイマーに
かかる若い世代は増えているのです。

 

初期症状としては他の病気と似ているため見付けにくく
早期発見、早期治療の難しい病気というのもアルツハイマーの
厄介なところです。

 

アルツハイマーはなぜ怖いのか

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは働き盛りにかかってしまう可能性があり、
しかも男性の方が発症しやすいため、一家の大黒柱が
アルツハイマーになってしまう場合もあるのです。

 

そうなると経済的に影響があり、家族にも困った状況になります。
また、介護の問題もでてきます。

 

若いうちのアルツハイマーは体そのものは元気なので
徘徊した場合や移動が必要な際、介護が難しく家族にも
負担になってきます。

 

そのようなことから、アルツハイマーにはかかりたくない、
予防したいという方が多いことでしょう。
しかしどのような予防方法があるのでしょうか?

 

簡単にできる予防方法として、毎日の食事で食べたい食材に
ついて調べてみました。
どんな食材、料理がアルツハイマー予防に効果があるのかを
知る事で効果的にアルツハイマーを予防していくことができるでしょう。

 

アルツハイマー予防はもちろん、いつまでも自分らしく元気で
いるためにも健康的な食事を心がけて行きましょう。

 

アルツハイマー予防に効果的な食べ物とは?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマー予防には脳の傷付いた部分を修復する効果がある
ビタミンEが含まれる食べ物がおすすめです。
ビタミンを含む食材としてはゴマが含まれます。

 

また、緑黄色野菜もおすすめです。
血圧や血管の状態を整えて脳血管系の病気予防に役立ちます。

 

ピーマン、パプリカ、にんじんなど色が濃い野菜を
積極的に食べるのがいいですよ。
食事によってアルツハイマーを予防することはとても大切なことです。

 

毎日の食事に積極的に取り入れてアルツハイマーの予防を
意識していきましょう。

 

食事だけで必要な栄養を補うのは難しい場合、サプリメントや
医薬品を取り入れるのも手です。
ただ、サプリメントや医薬品は人によっては体に合わない場合も
あるので、飲んでみて合わなかった場合は使用を中止し別の
ものに変えてみてください。