アルツハイマー アロマ

アルツハイマーの予防にアロマが効果的

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーという病気は多くの方は「若い人がなる病気」
という認識でしょう。
でも、そこまでは知っていてもどのように予防するかは
ご存じですか?

 

予防方法を知らない方は実際のところ多いです。
効果的な予防方法を知っておくことは大切ですから
ぜひこちらを参考にしてください。

 

アルツハイマーとは

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーがどのような病気かご存知でない方に
まずは説明をしましょう。
若い人にかかる認知症の総称が「アルツハイマー」で、
具体的にはアルツハイマーと診断されるのは
18歳〜64歳の方が対象となっています。

 

自分は関係ないと思っていても近年アルツハイマーは
患者数が急増している病気なので、油断はしていられません。

 

日本はストレスが多く、されに生活習慣が乱れている方は
アルツハイマーになりやすいと言われています。

 

日本には現在2万〜3万人のアルツハイマー患者がいるのですが、
まだ病院で診断されていない方も含めればその2、3倍は
いると考えられます。

 

アルツハイマーはなぜ怖いのか?

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは働き盛りの男性がかかりやすい
病気です。一家の大黒柱である男性がもしアルツハイマーに
かかってしまったら経済的にかなりのダメージがあるでしょう。

 

そして、アルツハイマーにかかっても体は元気なので
高齢者の介護をするよりも難しく、行動を制限するのが
大変なのも厄介なんです。

 

予防をすることが大事

 

アルツハイマーについて

 

アルツハイマーは予防することができる病気です。
脳トレーニング、生活習慣の改善で予防ができるので
予防対策を積極的にしていくべきです。

 

意外にもアロマがアルツハイマー予防に効果的という
ことが近年分かっているのですが、なぜアロマは
アルツハイマーの予防に効果的なのでしょうか。

 

アロマとアルツハイマーの関係について調べ、まとめて
みたのでこちらをご覧ください。

 

アルツハイマーとアロマの関係

 

アルツハイマーについて

 

アロマは癒しやリラックス効果のイメージが強く、
アルツハイマーの予防とは関係が無い様な気がしますよね。
しかし、近年アルツハイマーの予防に効果があるということが
大学の研究で分かりました。

 

アロマは人間の「嗅覚」を刺激します。
大脳辺縁系に刺激を与える嗅覚が予防に重要になってくるのです。

 

アルツハイマーは一番最初に影響が出て来るのは嗅神経。
アロマで嗅覚を刺激することで脳の働きが活発になり、
アルツハイマーの予防や改善に効果を期待できると言われています。

 

アロマにはさまざまな香りがあります。
アルツハイマー予防にはどの香りがいいのか?ということですが
香りは自分の好みで選んでも構いません。

 

「嗅覚を刺激する」ということが大事だからです。

 

アロマの香りは人によって好みが違いますし、人によっては
苦手な香りを嗅ぐと気分が悪くなることもあります。
ですから購入前には必ず試しに香りを嗅いでみて、好みの香りか
どうか確かめてくださいね。

 

また、動物を飼っている方も注意が必要です。
アロマは動物によっては毒になることがあるので、動物を飼っていても
使えるアロマかどうかお店の方に確認してから購入しましょう。

 

アロマを実際に使用してみて、万が一気分が悪くなる場合には
使用を中止し別の香りに変えてください。